女性の健康ドットコム

女性の健康を守るため、ピルや漢方をメインに様々な健康情報を発信します

婦人科の女性医師

避妊をやめて妊娠したくなった時の対処

トリキュラートリキュラーの服用は、毎日飲み忘れをしないことが重要で、1日1錠を決められた順番に、ほぼ決まった時間に飲む必要があります。
トリキュラーの服用によって、将来妊娠しづらくなるといったこともないため、生理をコントロールしたい人や避妊をしっかりしたい人には非常におすすめです。

服用をやめた場合、早ければ2~3か月で妊娠が可能となります。
また、モーニングアフターピルとして服用することも可能です。

モーニングアフターピルとは緊急避妊薬、または緊急避妊ピルとも呼ばれるもので、何らかの事情で避妊に失敗し、望まない妊娠を避けるために服用する薬のことです。

トリキュラーをモーニングアフターピルとして服用する場合には、避妊ができるホルモン濃度と同じになるように、性交後72時間以内に第3相の錠剤4錠を直ちに服用し、さらに12時間後に同様に4錠を服用する必要があります。
他のホルモン剤と比べても、限界までホルモン量を下げているため副作用が少ないといったメリットもあります。

飲み始めに起こるホルモン環境の変化による副作用も2~3か月飲み続けることによって消えるため、とても取り入れやすいピルです。