女性の健康ドットコム

女性の健康を守るため、ピルや漢方をメインに様々な健康情報を発信します

婦人科の女性医師

世界各国の避妊に対する意識の差

今では、避妊に対しての意識が世界でも高まってきています。
しかし、国によっては避妊の意識にズレが生じています。

世界各国の避妊に対する意識の差を比べてみると、日本はどの国よりも低い傾向にあります。
その理由として挙げられるのは、日本では避妊というとコンドームが最も有効的だと考えている人が多いからです。

コンドームによる避妊は確実なものではなく、装着していても妊娠する可能性はあります。
コンドームといった方法以外にも、避妊手術やピルの服用などが世界では常識とされています。
とくに中国など産む子供の数に制限がある場合には、避妊手術を行う人が多いです。
その他でも、海外ではピルの服用が一番多い現状です。
それに比べると、日本では認可されているピルの量も少なく、治療目的以外でピルを服用する女性が少ないのが現状です。

ピルの認知度が少ない理由としては、ピルを処方するためには自費診療になるため、金額が高くなる事が原因の一つとして挙げられます。
そのため、手頃な金額で購入できるコンドームを利用する人が増えています。
しかし避妊を確実なものにするためにも、避妊の種類について国内でも理解と知識を深める事が大切になっています。