女性の健康ドットコム

女性の健康を守るため、ピルや漢方をメインに様々な健康情報を発信します

婦人科の女性医師

ピルもアフターもどちらもホルモン剤?

ピルには様々な種類があり、低用量から中用量、超低用量、あるいは緊急避妊薬であるアフターピルまで様々なタイプがあります。

基本的には、どのピルも女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが含まれているホルモン剤であるため、女性ホルモンが少なくなったりホルモンバランスが乱れたりするのを調節して様々な良い効果をもたらしてくれるものです。

たとえば、女性特有の月経困難症やPMS、子宮内膜症などを軽減したり、服用を続けることで卵巣がんや子宮体がんの発生リスクを下げるとも言われています。

緊急避妊薬であるアフターピルもホルモン剤であり、セックスの事後にコンドームが破れたり外れたりして避妊に失敗した場合に、72時間以内に飲めば妊娠するのを回避できる薬です。

吐き気のある女性避妊を成功させるために、アフターピルを服用すると大量の女性ホルモンが体内に入ってくるため吐き気や腹痛、胸が張ったりするなどの症状が起こるのもホルモン剤であるために起こります。

ピルは、体を人工的に妊娠した状態に持っていくことで、避妊をしたり病気の予防や体の不調を改善するなどの効果を生むのです。

一ヶ月のうち、生理期間を除いた7日間以外毎日1錠ずつ飲む必要があるのが面倒ですが、避妊目的はもちろんのこと、重い生理に悩んでいたり、PMSの症状が毎月つらいという人にも非常におすすめと言えます。

基本的には婦人科でいろいろな検査や問診、診察などを受けて、ピルを飲んでも大丈夫と医師から許可が出れば処方してもらうことができますが、毎回処方のたびに病院へ行ったりするのは面倒だという人は、最近ではネット通販などでも販売されているようです。

ただ、一口にピルといってもたくさんの種類があり、体質によって合う合わないも変わってきますので、初めて服用する場合はきちんと婦人科で診察を受け、説明などを聞いてから飲むようにしましょう。